JMIA 日本鉱業協会は、銅、亜鉛、鉛、金、銀、ニッケル等
非鉄金属の鉱業・製錬業の団体です

JMIA 日本鉱業協会は、「海外鉱物資源の獲得と安定供給確保」、「製錬事業の強化」、「資源リサイクルの推進」、「地熱エネルギー開発の促進」、「鉛と亜鉛の需要開発」および「地球環境の保全」に取組んでいます。

 わが国は、銅、亜鉛、鉛、金、銀、ニッケル等の原料となる鉱物資源のほとんどを海外鉱山から調達しています。

 非鉄金属鉱業界では、海外における鉱山開発への参加や自主開発を行って鉱物資源を獲得し、それを製錬加工した銅、亜鉛、鉛、金、銀、ニッケル等をわが国の産業界に安定供給しています。

 また、鉱山や製錬で培ってきた技術を活用して、新材料の開発、資源リサイクルの推進、地熱エネルギー開発の促進、鉛と亜鉛の需要開発、地球環境の保全にも取り組んでいます。

★鉱業協会からのお知らせ★ ★JMIA_NEWS★

 

2016/03/18     科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2番1号)に
          子供向け展示ブース「Metal Factory」をオープンしました。
          ※ 詳しくは、下記をご覧ください。

20160318_MetalFactory 展示ご案内.pdf    科学技術館へのアクセス.pdf

 

2016/03/31    「非鉄スラグ製品の製造・販売管理ガイドライン」を改正いたしました。
           ⇒ 詳しくは こちら           


2017/05/16     一般財団法人 休廃止鉱山資格認定協会による、
              「平成29年度 休廃止鉱山坑廃水処理資格認定講習」を開催します。
           ⇒ 詳しくは こちら


2017/07/21    「理事会」開催。

2017/07/27    「定例記者会見」開催。



 

★関連団体からのお知らせ★

 

☆経済産業省(調査統計グループ)からのお知らせ

 2017/03/15 「平成29年工業統計調査」の実施について

 

製造事業所の皆様へ 20170315_H29年工業統計ポスター.jpg
   経済産業省では、工業統計調査を平成29年6月1日現在で実施します。  本調査は、製造業を営む事業所を対象に、1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額などを調査し、製造業の実態を明らかにすることを目的としています。
 本調査は、国の重要な統計調査であり、調査結果は国や地方公共団体の行政施策の重要な基礎資料として使われるほか、大学や民間の研究機関等においても広く利用されています。
 調査をお願いする製造事業所には、本年5月中旬から6月にかけて、調査票を統計調査員が持ってお伺いするか、または国から直接郵送でお届けいたしますので、お忙しい時期とは存じますが、調査にご理解いただきますようよろしくお願
いいたします。
   なお、皆様からご提出いただく調査票については、統計法に基づき調査内容の秘密は保護されますので、正確なご記入をお願いします。

 





▲このページのトップに戻る