JMIA 日本鉱業協会は、銅、亜鉛、鉛、金、銀、ニッケル等
非鉄金属の鉱業・製錬業の団体です

JMIA 日本鉱業協会は、「海外鉱物資源の獲得と安定供給確保」、「製錬事業の強化」、「資源リサイクルの推進」、「地熱エネルギー開発の促進」、「鉛と亜鉛の需要開発」および「地球環境の保全」に取組んでいます。

 わが国は、銅、亜鉛、鉛、金、銀、ニッケル等の原料となる鉱物資源のほとんどを海外鉱山から調達しています。

 非鉄金属鉱業界では、海外における鉱山開発への参加や自主開発を行って鉱物資源を獲得し、それを製錬加工した銅、亜鉛、鉛、金、銀、ニッケル等をわが国の産業界に安定供給しています。

 また、鉱山や製錬で培ってきた技術を活用して、新材料の開発、資源リサイクルの推進、地熱エネルギー開発の促進、鉛と亜鉛の需要開発、地球環境の保全にも取り組んでいます。

★鉱業協会からのお知らせ★ ★JMIA_NEWS★

 

2016/03/18     科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2番1号)に
          子供向け展示ブース「Metal Factory」をオープンしました。
          ※ 詳しくは、下記をご覧ください。

20160318_MetalFactory 展示ご案内.pdf    科学技術館へのアクセス.pdf

 

2017/09/30    「非鉄スラグ製品の製造・販売管理ガイドライン」を改正いたしました。
           ⇒ 詳しくは こちら


2017/10/01     日本鉱業協会 再資源化部会の資料が更新されました。
           ⇒ 詳しくは こちら


2017/11/17    「理事会」開催。

2017/11/22    「記者会見」開催。

 


 

★関連団体からのお知らせ★

 

 

☆厚生労働省からのお知らせ

 2017/09/05 平成29年度「『みえる』安全活動コンクール」の実施等について(協力依頼)
   厚生労働省より、平成29年度「『みえる』安全活動コンクールの協力依頼がありました。
  詳細については、以下の通りです。
  
 

    ・「『見える』安全活動コンクール 」 特設ページ
    ・ 厚生労働省報道発表ページ

 

▲このページのトップに戻る